読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトバの小径

cover image/自由学園明日館 Jiyugakuen Myonichikan

今に息づく万葉の恋歌

日本文学 新海誠

f:id:notabene:20170115140158j:image

水面に映える新宿御苑

 

f:id:notabene:20170115135807j:image

タカオとユキノが逢瀬を重ねた東屋

 

---

雷神(なるかみ)も少し動(とよ)みてさし曇り雨も降らぬか君を留(とど)めむ

雷神の少し動みて降らずともわれは留(とま)らむ妹(いも)し留(とど)めば

 

《原文》

雷神 小動 刺雲 雨零耶 君将留

雷神 小動 雖不零 吾将留 妹留者

 

《現代語訳》

雷が少し轟いて雲が広がり、雨が降ってくれないかしら。そうすれば帰ろうとしているあなたを引き留められるのに。

雷が鳴らなくても雨が降らなくても、わたしはここにいるよ。あなたが引き留めてくれるなら。

(『万葉集』二五一三〜二五一四)

 ---

 

新海誠監督の『言の葉の庭』(2013)に登場する和歌です。

劇中では、

「鳴る神の 少し響(とよ)みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」

「鳴る神の 少し響みて 降らずとも 吾は留まらむ 妹し留めば」

という表記になっていました。

雨の中で何気なく逢瀬を重ねる二人の主人公(タカオとユキノ)は、やがて心惹かれ合う仲となっていきますが、柿本人麻呂の作とされているこの問答歌は、その象徴的な引用として使われています。なんといっても、ユキノは古典の先生ですから。

 

雨の中の庭園(新宿御苑がモデル)を舞台に繰り広げられる、詩的な恋物語。まるで実写かと見紛うような、緻密で美しい自然や都会の風景描写も印象的です。

 

年上の女性に淡い恋心を抱き、靴職人という自らの志に向かって邁進する十五歳の青年。彼は家を出て行った母親の面影を見い出したのでしょうか。

現状に悩み苦しみ、心を病める二十七歳の女性。彼女は年下と知っていながら、そんな青年の存在に救われていたのです。

二人の間にはもはや年齢差を感じさせない、プラトニック・ラブ(肉体的欲望を離れた純粋に精神的な愛)へと昇華した感情さえ生まれているのではないかと思わせます。

 

美しいカメラワークで再現した現代日本の外的世界の中で、古来の繊細に揺れ動く人物の内的心理を活写するーー。アニメーションという手法を通した「映像文学」とさえ呼びたい一作です。

 

f:id:notabene:20170115140423j:image

訪れた1月中旬には氷が張るほどの寒波が到来